ケアマネの試験はどんなもの?

ケアマネの試験はどんなもの?

ケアマネは、全ての分野において知識を持っていなければならないため、広範囲からの出題となります。

ケアマネ試験対策

kea

ケアマネ(ケアマネージャー)の資格は、他の試験と違い、受験資格に一定期間の実務経験が必要なことから、働きながら受験をする人が実に多いです。

そのため、試験対策も仕事をしながらする人がほとんどです。また、ケアマネを要請するための学校などもないため、自分でテキストや参考書、過去の問題集を参考にしながら勉強していくことになります。

ケアマネの試験は合格率が20%を切る難関の試験のため、仕事をしながらケアマネの資格を取得するためには、ケアマネになるという強い意志や決意が必要となります。

強い意志や決意を持って臨んでも、なかなか合格できず、2回、3回と受験をする人も多い試験です。

ケアマネは介護や医療、保健分野のサービス提供者と利用者、その家族を結ぶ、橋渡し的な役割をになう仕事です。その重要な役割を果たすためには、どのようにすればケアマネの試験に合格することができるのでしょうか。

ケアマネの試験対策についていくつか紹介していきます。

ケアマネの試験に合格するには

まず、ケアマネ(ケアマネージャー)になりたいと思った時点で、ケアマネがどのような仕事を行なっているのか良く観察しましょう。ケアマネの試験の問題の多くは、ケアマネの仕事内容から出題されます。

そのため同じ職場にいるケアマネがどのような流れで仕事を行なっているのか、良く観察してみましょう。ケアマネと仲がいいのであれば、自分の仕事が休みのとき、ケアマネの仕事に同行させてもらうとより多くのことを覚えることができます。

仕事内容の大まかな流れをつかんだら、本格的に試験対策を行います。ケアマネの仕事は一定期間以上の実務経験が必要なことから、試験を受ける多くの人が仕事をしながら試験を受けることになります。

ですから、仕事と試験勉強の両立を図るため、両立できる生活リズムを作っていくことが大切です。そのために、1日どのくらい勉強するか、どのようなタイミングで勉強するかなどは、自分の中でしっかり決めておきましょう。

試験の中で、医療や福祉、保健分野の知識が問われる問題が出ますが、試験を受ける人の実務経験によって、実務経験で体験してきた分野の試験はカットされることになっていました。

しかし2015年度からは自分が関わってきた分野に関しても知識を問われることになるため、しっかりと覚えることが大切です。

通信講座やケアマネ試験対策サイト、自分が書店で購入したテキスト、参考書、過去の問題集などをしっかりと行い、苦手な部分を克服させていけば、ケアマネの試験は合格間違いなしです。

ケアマネ試験の傾向と対策

医療や福祉、保健分野に関する知識を全て熟知し、サービスを受けたい利用者に対し、その人が人間らしく生きていけるように、色々なサービスやマンパワーを活用するためのプランを作成するケアマネージャーの仕事。

しかし、ただプランを立てればいいというだけではなく、利用者の身体的な状況に応じた介護報酬の上限などもしっかりと抑えつつ、その限度枠内でその人にとって最適なプランを立てる必要があります。

また、プランをたてるだけではなく、そのプランが無事に実施されているか、そのプランに不満はないか、別のサービスを受けたいという考えはないかなどを念頭に置きながら、次の月のケアプランを作成したり、プランが正しく実施されているかどうかの確認や、自己負担額以外の介護報酬をサービス提供者に支払うためのレセプト作りなど、ケアマネの仕事はただ知識をつんでいるだけではなかなか成長しません。

ケアマネ(ケアマネージャー)制度は1998年度から始まりましたが、開始当初から徐々に合格率が低下してきている背景には、高齢社会となり、

ますますケアマネの需要が高まる中で、より高い専門性を必要としているため、その必要性に応えられる人材を確保したいという思いからです。

2015年度以降は試験内容が大きく改正され、ますます合格率が減るのではと危惧されています。

benkyouda

ケアマネの試験は高い専門性を求められている

いま、高齢化社会から高齢社会となり、医療や介護、保健分野のサービスを必要としている人は急増しています。

そんな中、サービス提供者側と利用者側をつなぐのがケアマネです。ケアマネは試験を受けるために、一定期間以上の医療、福祉、保健分野での実務経験を必要としますが、ケアマネの試験を受けるに当っては自分の仕事している分野の知識だけを把握しているだけでは合格できません。

ケアマネはサービスを利用したい人に、その人に会った最適なケアプランを作成し、サービスが行われたかの確認や、介護報酬のレセプト作成など幅広い知識がなくては仕事が成り立ちません。

そのため、ケアマネの試験も、医療や福祉、保健、各分野の知識を問う問題が出題されます。2014年度までは、その人の実務経験歴から、その人が携わってきた分野の出題はカットされてきましたが、ケアマネの質を低下させないためにも、2015年度からはその人が実務経験を積んだ分野の出題もカットされず、試験内容に組み込まれることになりました。

そのため、試験を受ける場合は、医療、福祉、保健分野全ての基本的な知識を包括して覚えておく必要があります。また、介護保険法の改定により、要介護状態までは行かないものの、支援を行なうことで要介護状態になることを防げるという人に対して、予防給付制度も始まり、ケアマネ業界はますます複雑になり、より高い専門性を必要とされるようになっていきます。

仕事をしながらのケアマネの試験対策は困難を極めることも多いですが、ぜひ、キャリアアップのためにも、より良いケアマネになるためにも合格できるように頑張ってみてください。

 

ケアマネの試験
カテゴリ
最新の投稿